ENTRY

INTERVIEW社員紹介

棟田雄樹の写真

老舗だからこそ
できるチャレンジ

棟田雄樹
直営店 営業担当 2013年入社
エースの商品の機能美に惹かれて、入社。直営店営業として、百貨店などに卸売りをしていない限定商品を取り扱う。商品開発や販売戦略に意見を出しながら、店頭のディスプレイやスタッフのトレーニングといった現場の仕事にも力を尽くす。
棟田雄樹の写真

誰に対しても誇れる「機能美」に惹かれ、入社を決めた

学生時代はずっとアパレルのアルバイトをしていたため、就職活動ではアパレル系の小売りやメーカーを見ていました。ファッションが大好きだからこそ、中途半端な会社には行きたくない。そんな気持ちでさまざまな候補を調べるなか、出会ったのがエース株式会社でした。不安定なアパレル業界で、シェアNo.1を維持していることがとても魅力的に映ったのです。また、クオリティの高い様々な製品にも、強く惹かれました。誰しもの目を奪う奇抜なデザインではないけれど、質がよくて使いやすい。エースの矜持を感じるその機能美に、入社を決めました。
入社してから今まで、エースの直営店を担当する部署の営業として働いています。直営店では百貨店などに卸売りをしていない限定商品も取り扱っており、現場を見ている僕たちの声が、商品開発や販売戦略まで直接活かされています。お客様のリアクションを拾いながら「次期はこんな生地のバッグはどうか」「POPを作り変えてみよう」など、予算を達成するため日々工夫を重ねています。エースは様々なサプライチェーンを構築しているので、通常なら1000本くらいが最小ロットとなるアイテムでも、直営店向けに100本あたりから製造が可能。フットワーク軽く、新しい商品にチャレンジできるのも長所のひとつです。もともと商品企画やMDにも興味があったため、そうした内側の業務まで関わりつつ数字も追える今のポジションは、とても楽しいですね。

棟田雄樹の写真

現場に寄り添って
売り上げを支えていく喜び

直営店営業の面白さは、商品開発に携われることだけではありません。担当店舗の予算を達成するために、販売計画を立て、自ら手も動かしていきます。卸売りであれば、商品を納めたところで売上になりますが、直営店はその商品が実際に売れなければ、まったく売上になりません。その分シビアだけれど、よりやりがいがあるとも感じるのです。
打ち出す商材やレイアウトを変えるだけで、販売数はぐっと変わります。たとえば以前、お客様に革のお財布を作ってもらうワークショップを開催したことがありました。はじめての施策でしたが、計画通り客足が伸び、売上もアップ。それから、日々のレイアウトにも目配りを忘れません。クリスマスなどのイベント時には、他店舗から什器を持ち込んだりもしつつ、お客様をわくわくさせるディスプレイを考えています。
お店の中を整えるのと同じように大切なのは、店長や店舗スタッフとのコミュニケーション。どうしたらもっと売れるのか、お客様に喜んでいただけるのか、スタッフのトレーニング内容まで一緒に考えていきます。店舗のメンバーから「棟田さんがいてくれたからうまくいった」などと感謝してもらえると、本当にうれしいですね。エースは大きい会社だけど、こうして現場に密着しながら、リアルな仕事の醍醐味をたくさん感じられるんです。

棟田雄樹の写真
棟田雄樹の写真

苦境でも、
新しいチャレンジを続けていく

コロナ禍で、一番人気の商品だったスーツケースは苦しい状況に立たされています。でも、ただ指をくわえて見ているだけのエースではありません。次点で売れていたビジネスバッグの需要をさらに高めるべく、新しい挑戦も続けています。これまでにないデザインを考案したり、販売計画を練り直したりして、実際に前年比120%までこぎつけているんですよ。そのほか、新規事業の立ち上げにも積極的です。この間、社内公募で選ばれた企画は、まだ入社3年目の女性社員のもので、そのまま彼女が中心となって進めています。つまり今のエースは、老舗の確かな実績やクオリティを活かしながら、今までにない挑戦ができるタイミングだといえるでしょう。
僕自身も、直営店営業としてのその一端を担っています。新しい商材ができたら、売るのは僕たち現場の人間。これまで以上にSNSなどの新しいPRにも力を入れ、エースを盛り上げていきたいと思っています。同じ部署でキャリアを積んでいけば、さらなる経験やノウハウが得られるはず。いずれは、会社のブランディングなどにも興味がありますね。新人時代からこれだけ自由にやれる会社なら、働くほどに可能性が広がっていくだろうとわくわくしています。

棟田雄樹の写真

MY WEEK
私の1週間

MONDAY

午前中は、前週の売上データを分析して、要因を考える。午後はその情報を持って、事業部長を加えた営業ミーティング。

TUESDAY

昨日まとめた部署の意見を、各店舗にメールやチャットで連絡。今週の予算達成に向けて、細かな対策に落とし込んでいく。

WEDNESDAY

各店舗のデータを見ながら、対策の効果をチェック。午後は店舗を訪れて、売り場のレイアウトを見やすく変更する。

THURSDAY

店舗周りデー。店長や館の担当者から、スタッフや他テナントの動きをヒアリング。帰社後は販売計画を調整する。

FRIDAY

店舗で使う割引POPなどは、営業が一括で制作。発送手配まで一気に済ませる。メールマガジンの制作も。

SATURDAY

レンタカーを借りて、富士五湖にキャンプ!アウトドアが好きなので、どんどんギアが増えていく。最近買ったお気に入りは、かっこいいクーラーボックス。

SUNDAY

駒沢公園にスケボーをしに行き、帰りはサウナで整う。気分がいいので、そのまま古着屋めぐりへ。