HISTORY 創業からの軌跡

1940年に個人商店から始まったACEが
パイオニア的発想と行動力による、
数々のエポックメイキングを経て、
今日に至る軌跡をご紹介いたします。

1940

創業者新川柳作が
カバン製造卸業を創業

1940年創業者新川柳作が大阪市天王寺区でカバン製造卸業を創業。
「生産者、卸・小売店、消費者の三位一体の商い」「売って喜び、買って喜び、使って喜ばれる商品の販売」をモットーとしてスタートしました。

1950 資本金150万円で「株式会社新川柳商店」を設立
1952 「エース商標」を選定
1954

日本初のナイロンバッグ誕生

当時、一般には知られていない最新素材である東洋レーヨン(現 東レ)製ナイロンを使ったバッグの開発・製造に成功。
軽くて丈夫で洒落たデザインのナイロンバッグは「バッグの一大革命」とも言われ、多方面に影響を与えるとともに、爆発的な人気を博し、エースブランドを幅広く浸透させることになりました。

1960 生産部門として「エースカバン株式会社」を設立 (現 エースラゲージ株式会社)
1963 社名を「エース株式会社」に変更
1964 シュワイダーブラザーズ社との技術提携契約が成立 (現 サムソナイト社)
1966

初の国内生産スーツケース
「デボネア」誕生

1960年アメリカのラゲージメーカー、シュワイダーブラザーズ社と日本総代理店契約を結び、スーツケースの輸入販売を開始。その4年後には技術提携を行い、日本人が使いやすいスーツケースを造るという目標を掲げ、ついに1966年初の国産スーツケースとなる「デボネア」を完成させました。

1971 エースバッグ北海道赤平工場が完成
1973 東京店が完成 地上8階地下1階
1975 東京店内に「世界のカバン館」を開設
(2010年「世界のカバン博物館」としてリニューアル)
1979 上海にてカバンの生産を開始
1993 大阪本社ビル(現本店)が完成 地上9階地下2階
1995 エース物流サービス株式会社を設立
2004

新ラゲージブランド
「プロテカ」を発表

日本でのスーツケース生産を始めて40年が経ち、日本製ならではの高品質な創りで次世代のラゲージに挑戦すべく、新ブランド「プロテカ」を発表。
これによりエースはこれまでのライセンスビジネスから自社ブランドビジネスへと変革し、新しい事業にチャレンジすることが可能となりました。

2006

米国ゼロハリバートン社を買収

2006年、トレンドセッターの間で認知度の高かったブランドを持つゼロハリバートン社を買収。これによりエースのプレステージラインを確立させ、自社ブランドの拡充も行いました。
また、「プロテカ」などの自社ブランドの海外進出拠点としての役割も担い、エースのグローバル展開のきっかけとなりました。

2007 株式会社エーストレーディングを設立
2009 東京本社を渋谷区神宮前に移転
エースサービス株式会社を設立
2010

グローバル展開

2010年にエースイタリアを設立、翌年に香港エース設立、2012年にはシンポールエースを設立。
拠点数は年々増しており、日本を始め各海外拠点がベクトルを1つにすることにより、点が線となり、線が面となるようグローバル展開を行っています。

2011 株式会社グローバルプロジェクトを設立
2016

次世代型IoTスマートラゲージの
開発開始

エースはデザインオフィス「nendo」をクリエイティブデザイナーとして、ソフトバンクが運営する「+Style」と共同で次世代型スマートラゲージの開発を開始しました。

2018 あなたの力で、世界中に更なるACEの和を

ENTRY

「エントリー」または「説明会予約」は
こちらから受け付けています。