歴史年表1910 年 - 2016 年

■:主な出来事  

■:新川柳作の生涯

■:エースの歴史 

TOPへ戻る
主な出来ごと 新川柳作の生涯 エースの歴史
1910年(明治43年)
1911年(明治44年)
1912年(大正 1年)
1913年(大正 3年)
1914年(大正 4年)
1915年(大正 4年)

1915年7月31日新川柳作(幼名 勝義)誕生

松任町安田界隅(昭和20年代)
松任町安田界隅
(昭和20年代)
1916年(大正 5年)
1917年(大正 6年) 1917年12月父 與重他界
1918年(大正 7年) 1918年11月第一次世界大戦終結
1919年(大正 8年)
1920年(大正 9年) 1920年11月国際連盟を創設
1921年(大正10年)
1922年(大正11年) 1922年4月松任尋常高等小学校入学
1923年(大正12年) 1923年9月関東大震災
1924年(大正13年) 1924年第1回冬季オリンピック開幕
1925年(大正14年) 1925年3月普通選挙法成立

1925年少年野球に熱中する

松任尋常高等小学校3年
松任尋常高等小学校
3年
1926年(昭和 1年)
1927年(昭和 2年) 1927年12月日本初の地下鉄開通。
1928年(昭和 3年) 1928年3月松任尋常高等小学校卒業
植野家へ養子を前提に奉公
1928年9月植野家を去る
松任尋常高等小学校高等科に編入
水泳の飛び込みに熱中
1929年(昭和 4年)
1930年(昭和 5年) 1930年3月松任尋常高等小学校高等科を卒業
1930年4月松任商工学校へ入学
1930年9月松任商工学校を退学
造り酒屋柄崎屋に奉公
1931年(昭和 6年) 1931年満州事変勃発 1931年2月造り酒屋柄崎屋を去る
1931年12月長兄・重信を頼り、大阪に出る
1932年(昭和 7年)

1932年4月鞄嚢卸・株式会社加藤忠商店に入社

加藤忠商店時代ガスビル展示会にて
加藤忠商店時代
ガスビル展示会にて
大阪市立船場商業実践学校への夜間通学を始める
1933年(昭和 8年) 1933年3月日本、国際連盟脱退 1933年3月大阪市立船場商業実践学校を卒業
1934年(昭和 9年) 1934年生産担当と仕入れの一部をまかされる
1935年(昭和10年)
1936年(昭和11年) 1936年2月2・26事件 1936年郷里・松任で徴兵検査
1937年(昭和12年) 1937年日中戦争勃発
1938年(昭和13年) 1938年4月国民総動員法公布
1939年(昭和14年) 1939年9月株式会社加藤忠商店を依願退職
幼名勝義を柳作と改名
1940年(昭和15年) 1940年9月日独伊三国同盟締結 1940年1月新川柳作、大阪市天王寺区谷町9丁目にてカバン製造卸業を創業
1941年(昭和16年) 1941年12月太平洋戦争勃発

1941年3月同郷の松田敏子と結婚

同郷の松田敏子と結婚
1942年(昭和17年)
1943年(昭和18年) 1943年1月長女 佐陽子誕生 1943年7月徴用令により自主廃業
1944年(昭和19年) 1944年6月金沢第九師団に入営
1945年(昭和20年) 1945年8月広島・長崎に原爆投下 1945年9月長男 賢一郎誕生
1945年8月終戦
1946年(昭和21年) 1946年11月日本国憲法公布 S22.5.3施行 1946年1月大阪市東成区大成通りでカバン製造卸業を再開
1947年(昭和22年) 1947年4月6・3・3・4制男女共学の新学区制実施 1947年7月次男 皓介誕生 1947年12月大阪市東区(現中央区)北久宝寺町4丁目に店舗を移転
1948年(昭和23年)
1949年(昭和24年) 1949年4月1ドル360円の単一為替レート
1950年(昭和25年) 1950年6月朝鮮戦争勃発 1950年12月資本金150万円で「株式会社新川柳商店」設立
社是制定 社員持ち株制度を導入
1951年(昭和26年) 1951年松任小学校児童へランドセルの贈呈を始める
1951年12月三男 晃生誕生
1952年(昭和27年) 1952年吉川英治氏と出会う 1952年12月「エース」商標を選定
1953年(昭和28年) 1953年2月テレビ本放送 1953年2月東京店を台東区浅草桂町4丁目に開設

7月 1日東レナイロンエースバッグ発売詳 細

ナイロンバッグ発表会
ナイロンバッグ発表会
1954年(昭和29年) 1954年6月自衛隊発足 1954年3月大阪・中之島の新大阪ホテルでナイロンバッグの新作発表会を開催
大成功を記念して、翌年から創業記念日を3月3日に改める
1955年(昭和30年) 1955年11月自由民主党結成 1955年大阪府知事賞を受賞
1956年(昭和31年) 1956年10月日ソ国交回復 1956年6月西田天香師と知遇を得る 1956年6月経営の根本理念を制定
1956年12月国際連合加盟

1956年11月東レナイロンエースバッグが大阪工業奨励館において天覧を賜る

天覧バッグ
天覧バッグ
1957年(昭和32年) 1957年3月「会員相互の扶助と親睦を図る」目的で新友会を発足
1958年(昭和33年) 1958年12月1万円札発行

1958年9月新川柳作、市場拡大と業界視察のため世界一周に旅立つ(~12.11)

世界一周の旅ニューヨーク
世界一周の旅ニューヨーク
1959年(昭和34年) 1959年4月皇太子(現天皇)ご成婚 1959年12月大阪市東区博労町5丁目(現中央区博労町4丁目)に商品管理部が完成
1960年(昭和35年) 1960年9月カラーテレビの本放送開始 1960年3月母 ふで他界 1960年3月有馬(月光園)で創業20周年記念式典を開催
1960年4月米国シュワイダーブラザーズ社(現サムソナイト社)と日本総代理店契約締結
1960年10月浅沼社会党委員長刺殺事件

1960年7月東レデラクールエースバッグを全国一斉に発売

デラクールA
デラクールA
1960年7月生産部門としてエースカバン株式会社を設立
1961年(昭和36年)
1962年(昭和37年)
1963年(昭和38年) 1963年11月ケネディ米大統領暗殺 1963年1月エース名言集を発刊
1963年1月大阪本社ビルが完成
地上9階、地下2階
1963年8月社名を「エース株式会社」に変更
1964年(昭和39年) 1964年4月海外旅行自由化 1964年3月名古屋出張所を開設
1964年10月東海道新幹線開業 1964年6月エースカバン小田原工場が完成
1964年10月東京五輪開催

1964年9月シュワイダーブラザーズ社との技術提携契約が正式に成立

1965年(昭和40年) 1965年3月創業25周年を記念して社内報「エース時報」(現「エースニュース」)を発刊
1966年(昭和41年) 1966年1月戦後初の赤字国債発行 1966年6月通産省から「輸出貢献企業認定証」を授与される(その後、昭和44年まで毎年授かる)
1966年3月日本の総人口が1億人を突破 1966年10月エースカバン小田原工場新館が完成

1966年 国産スーツケース「デボネア」が完成詳 細

国産デボネア完成
国産デボネア完成
1967年(昭和42年) 1967年7月EC成立 1967年5月大阪府産業功労賞を受賞

1967年3月サムソナイト・デボネアを全国一斉に発売

デボネア発表会
1968年(昭和43年) 1968年12月3億円事件 1968年3月新潟県鼓岡、関川小学校へパトランドセル寄贈(前年8月洪水被害) 1968年2月エースカバン株式会社、「エースバッグ株式会社」に社名変更
1968年4月エース工業株式会社を設立
1968年8月パトランドセルがPTA全国協議会の推薦商品に指定される
1968年9月札幌出張所を開設
1969年(昭和44年) 1969年7月アポロ11号が月面着陸 1969年3月エース社歌を発表
5月台湾の高雄前鎮加工出口区に台湾愛思化学皮包股?有限公司を設立
1970年(昭和45年) 1970年3月日本万国博覧会開幕 1970年3月福岡店を開設

1970年3月日本万国博覧会・生活産業館へ「世界の旅と人形」をテーマに業界で一社の単独出展

大阪万博開幕
大阪万博開幕
1970年11月三島由起夫事件 1970年5月創業満30周年記念式典を全社をあげて大阪毎日ホールにて開催
1971年(昭和46年) 1971年8月ドルショック 1971年2月東大阪配送センターを新設
1971年7月エースバッグ北海道赤平工場の完成披露式を開催
1972年(昭和47年) 1972年5月沖縄返還
1972年9月日中国交樹立
1973年(昭和48年) 1973年2月円変動相場制 1973年3月韓国エースを設立
1973年4月小田原流通センターが完成
1973年10月石油ショック 1973年5月現在の東京店が完成 地上8階地下1階
1974年(昭和49年)
1975年(昭和50年) 1975年7月沖縄海洋博開幕

1975年9月東京店8階に「世界のカバン館」を開設

世界のカバン館
世界のカバン館
1976年(昭和51年) 1976年2月ロッキード事件 1976年4月新川柳作、大阪鞄協会会長に就任('84.3.31まで) 1976年2月エースバッグ株式会社、「エースラゲージ株式会社」に社名変更

1976年10月新川柳作、藍綬褒章を受章

藍綬褒章を受章
藍綬褒章受章
1977年(昭和52年) 1977年6月新川柳作、日中親善推進委員会中国友好訪中団の副団長として訪中
1977年6月箕面市船場に箕面流通センターが完成
1978年(昭和53年) 1978年5月成田空港開港
1979年(昭和54年) 1979年1月第2次石油ショック

1979年12月委託加工方式(合作)の上海友誼箱包工場を設立詳 細

上海友誼箱包工場を設立
1980年(昭和55年) 1980年7月西側不参加のモスクワ五輪開幕 1980年3月大阪(厚生年金会館)で創業満40周年記念式典を開催
1980年3月同、東京(浅草公会堂)
1980年4月会長に新川柳作、社長に川元定治郎、副会長に新川重幸がそれぞれ就任
1981年(昭和56年) 1981年11月広島出張所、仙台出張所開設
1982年(昭和57年) 1982年4月500円硬貨発行
1982年6月東北新幹線開業
1983年(昭和58年) 1983年4月東京ディズニーランド開園 1983年2月「世界のカバン館」来館者1万人を突破
1984年(昭和59年) 1984年3月グリコ・森永事件発生 1984年5月新川柳作、日本鞄協会理事長・全国鞄協会会長・大阪鞄協会理事に就任('88.3.31まで) 1984年5月ロス五輪参加選手役員にエクステック贈呈
1984年8月赤平市産業功労賞を受賞
赤平市の学校へ本の寄贈を始める
1985年(昭和60年) 1985年8月日航ジャンボ機墜落 1985年10月第2回 国際デザイン展「デザインサーカス'85」に出展
1985年11月上海ACE箱包有限公司(合作)の新工場完成
1986年(昭和61年) 1986年4月ソ連チェルノブイリ原発事故 1986年3月第1回 エースカップ滑降競技大会を赤平山スキー場にて開催(以後第16回大会まで)
1986年12月岡山県久米郡に岡山研修センターが完成
1987年(昭和62年) 1987年4月国鉄分割民営化JR発足 1987年3月副会長に川元定治郎、社長に新川晧介が就任
1987年3月青函トンネル開通 1987年9月エースラゲージ、会長に新川柳作、社長に新川晃生が就任
1988年(昭和63年) 1988年4月瀬戸大橋開通 1988年4月新川柳作、日本鞄協会名誉理事長・全国鞄協会名誉会長('94.7.13まで)・大阪鞄協会相談役に就任('90.3.31まで) 1988年3月新川柳作、相談役に就任
1988年8月ソウル五輪参加選手役員にエクステック贈呈
1988年6月リクルート事件

1988年10月エースラゲージ北海道赤平工場新社屋と第2工場が完成

赤平工場落成記念式典
赤平工場落成記念式典
1988年11月上海愛思旅行用品有限公司を設立?操業を開始(上海友誼箱包工場を合作より合弁に切換)
1989年(平成 1年) 1989年1月昭和天皇崩御
1989年1月「平成」に改元
1989年4月消費税導入
1989年6月中国天安門事件
1989年11月ベルリンの壁崩壊
1990年(平成 2年) 1990年4月国際花と緑の博覧会開催 1990年4月大阪鞄協会名誉会長 1990年1月現行のシンボルマークを制定

シガポールにて妻・敏子と共に
シガポールにて
妻・敏子と共に
1990年2月創業50周年を記念して、社員のシンガポール旅行が実施される(9班に分かれて2.28まで)
1990年11月即位の礼 1990年5月上海市より感謝状 1990年3月大阪(商工会議所国際会議ホール)で創業50周年記念式典を開催
同、東京(ROXニューオータニ会館)
1990年11月年間海外渡航者初の1,000万人突破 1990年4月新川柳作、大阪鞄協会名誉会長に就任
1990年5月社史「50年のあゆみ」発刊
1991年(平成 3年) 1991年1月湾岸戦争勃発 1991年2月米国コロラド州デンバー市の湾岸戦争中東派遣兵士留守家族を対象に10万ドルを寄付
1991年6月雲仙普賢岳噴火

1991年3月京都妙心寺・霊雲院にて、物故社員並びに関係者合同慰霊祭を行う

妙心寺合同慰霊祭
妙心寺合同慰霊祭
1991年12月ソ連邦消滅 独立国家共同体へ 1991年9月エースラゲージ北海道赤平工場創立満20周年記念式典開催
1992年(平成 4年) 1992年6月PKO協力法成立 1992年1月株式会社エースインターナショナル設立
1992年8月中韓国交樹立
1992年9月学校週5日制開始
1992年10月天皇訪中 1992年9月松任流通センター完成・披露
1992年11月米国大統領選でクリントン氏が当選
1993年(平成 5年) 1993年5月Jリーグ開幕

1993年1月米国クリントン大統領就任式に新川晧介社長(当時)と新川柳作相談役が列席

クリントン大統領就任式
クリントン大統領就任式
1993年6月皇太子「結婚の儀」 1993年3月日中英3国合弁の上海青浦愛思カールトン箱包有限公司を設立
1993年6月ゼネコン汚職発覚 1993年4月エース工業株式会社新工場落成式並びに創立満25周年式典を挙行
1993年7月北海道南西沖地震 1993年7月大阪本社ビルが完成
地上9階、地下2階
1993年8月非自民6党連立内閣発足

1993年9月中国における初のエース展示会を上海花園飯店にて開催

第一回エース上海展示会
第一回エース上海展示会
1993年12月小田原第2流通センター完成・披露
1994年(平成 6年) 1994年6月円、欧米で初の1ドル100円割れ

1994年9月上海市より「白木蓮栄誉賞」を受賞

上海白木蓮栄誉賞受賞
上海白木蓮栄誉賞受賞
1994年2月台湾に販売会社として台湾愛思股?有限公司を開設
1994年7月彗星が木星に衝突 1994年3月エースグループ3社の会長に新川晧介、エースの社長に濱月清がそれぞれ就任
1994年7月異常高温の夏各地で水不足 1994年3月日中韓3国合弁の上海愛芙織帯有限公司(テープ工場)開所式
1994年9月関西国際空港開港 1994年7月韓国エース株式会社を設立
1995年(平成 7年) 1995年1月阪神淡路大震災 1995年4月上海市虹口区より「栄誉区民」の称号を授かる 1995年4月上海市虹口区に「愛思児童公園」オープン
1995年3月東京地下鉄サリン事件、以後オウム真理教事件発覚 1995年10月次兄重幸 他界

1995年4月上海愛思旅行用品有限公司第三工場完成披露

1995年7月PL法施行 1995年11月クリストファー国務長官昼食会開催 1995年12月エース物流サービス株式会社設立
1996年(平成 8年) 1996年7月O-157集団食中毒

1996年4月勲四等瑞宝章受章

勲四等瑞宝章受章
勲四等瑞宝章受章
1996年10月国産スーツケース1,000万本達成
1996年11月愛思集団(中国)有限公司を設立
1996年12月ペルー日本大使公邸人質事件 1996年12月長兄重信 他界 1996年12月上海愛思包装有限公司完成
上海愛思塑料製品有限公司完成
1997年(平成 9年) 1997年2月中国、鄧小平氏死去

1997年6月上海市より「上海市栄誉市民」の称号を授かる

上海市栄誉市民受賞
上海市栄誉市民受賞
1997年2月上海愛和時装包有限公司完成
1997年4月消費税5%に引き上げ 1997年4月上海松江愛思箱包有限公司完成
1997年7月英国、香港を中国に返還 1997年4月上海(浦東)愛思箱包有限公司
1997年11月金融機関が相次ぎ経営破綻 1997年4月愛思集団(中国)有限公司開業式典を上海花園飯店にて開催
1998年(平成10年) 1998年2月長野冬季五輪開幕 1998年6月米国トゥミ社と販売提携契約締結
1999年(平成11年) 1999年4月日本版金融ビッグバン始動

1999年7月エース中国進出満20周年記念式典を上海花園飯店にて開催

中国進出20周年記念式典
中国進出20周年記念式典
1999年9月台湾大地震 1999年7月第1回中国エースグループ運動会を開催
2000年(平成12年) 2000年4月介護保険導入

2000年3月大阪(ホテルニューオータニ大阪)で創業満60周年記念式典を開催

創業満60周年記念式典
創業満60周年記念式典
2000年6月南北朝鮮首脳会談 同、東京(東京マリオットホテル錦糸町東武)
2000年7月2000円札発行 2000年3月社史「TODAY&HISTORY」発刊
2000年3月新川柳作自伝「報恩感謝をカバンに託して」発刊
2001年(平成13年) 2001年1月中央省庁再編 2001年10月松任市(現・白山市)より「顕彰者」表彰を受賞 2001年7月エースラゲージ北海道赤平工場創立満30周年記念式典開催
2001年4月家電リサイクル法施行
2001年9月狂牛病問題発生 2001年11月赤平市より「名誉市民章」を受賞 2001年8月福岡店が移転
2001年9月米国で同時多発テロ事件
2002年(平成14年) 2002年1月欧州、単一通貨「ユーロ」流通 2002年4月商品情報システム「ASES」がIT化の先駆けとして稼動
2002年5月新川晃生、大阪鞄協会会長に就任('14.5.25まで)
2002年5月上海愛思織帯有限公司完成
2002年5月サッカーワールドカップ 日韓大会開催 2002年11月中国愛思集団物流センター完成
2002年9月日朝平壌宣言 2002年12月情報共有化システムスタート
2003年(平成15年) 2003年2月SARS発生 2003年6月株式会社トゥミジャパン設立
2003年3月イラク戦争開始 2003年8月大阪-東京間のテレビ会議システムスタート
2004年(平成16年) 2004年8月アテネ五輪開幕

2004年3月中国エース本社ビル完成披露式典、展示商談会同時開催

中国エース本社ビル竣工式
中国エース本社ビル竣工式
2004年10月台風23号襲来豊岡水害

2004年3月第2回中国エースグループ運動会を開催

第2回中国エースグループ運動会
第2回中国エースグループ運動会
2004年10月新潟県中越地震 2004年5月新川晧介、全国鞄卸商業連合会会長に就任('12.5.25まで)
2004年11月新紙幣発行 2004年9月新ブランド「プロテカ」発表会開催
2004年11月中国進出満25周年記念式典を有馬グランドホテルにて開催
2005年(平成17年) 2005年3月愛知万博開催 2005年3月大阪、東京にて創業満65周年記念式典を開催
2005年4月JR福知山線脱線事故 2005年9月「プログレ」ドイツ・オッフェンバッハでのラゲージショーに出展
2005年7月中国人民元2%切り上げ
2006年(平成18年) 2006年5月ジャワ島中部地震 2006年2月小売店支援システム「ARESS」本格的に稼動
2006年3月副会長に濱月清、社長に森下宏明が就任
2006年8月日銀がゼロ金利政策を解除 2006年3月上海西郊愛思箱包有限公司(元カールトン工場)拡張工事完成
2006年9月中国エース品質管理センター(AQC)を中国愛思集団物流センター内に設立
2006年12月米国ゼロハリバートン社を買収
2007年(平成19年) 2007年7月新潟県中越沖地震 2007年1月ドイツ「オファーマン」の日本における商標権を取得
2007年7月参議院選挙で自民惨敗、民主躍進 2007年3月社内のエース商品情報データベース「ASES」と小売店向けの「ARESS」が統合
2007年8月74年ぶり、最高気温40.9度を記録 2007年4月エースジーンの中国第1号店上海世茂国際広場にオープン
2007年10月郵政民営化スタート 2007年8月エース物流サービス株式会社 ISO9001を取得
2007年12月株式会社エーストレーディング設立
2008年(平成20年) 2008年1月創業者 新川柳作 他界 2008年3月創業者 新川柳作「お別れの会」をホテルニューオータニ大阪にて開催
2009年(平成21年) 2009年1月創業者追悼誌「ご縁に導かれて」発刊
2010年(平成22年)
2011年(平成23年)
2012年(平成24年)
2013年(平成25年)
2014年(平成26年)
2015年(平成27年)

2015年7月創業75周年事業として創業者生誕100年に新川柳作記念館を開館(駒形)

新川柳作記念館を開館