創業者 新川柳作 その生涯

私の人生の大半はカバンに明け暮れた日々だった