法人のお客様 ENGLISH / 中文 YOU TUBE Facebook お問い合わせ

ACE エース株式会社


容量・重量・サイズ表記について

製品のサイズ・重量・容量につきましては、資材特性やその他生産時の諸条件により多少の誤差が生じます。
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。


容量について

【表記方法】

  • 対象商品:ラゲージ(スーツケース、トローリーバッグ)および一部の商品(リュック等)にのみに表記します。
  • 表記単位:L(リットル)
  • 実際に荷物が入る「実容量」と、ラゲージそのものが空間に占める「占有量」を併記します。
  • 1L未満の端数は切り捨て表記としています。
  • エキスパンド機能つきラゲージについて

ファスナーの開閉でバッグのマチ幅が広がるエキスパンド機能がついている製品の場合、容量表記を / ( スラッシュ) で分け、「通常時/ 拡幅時」のように並列表記、または「通常時(拡幅時)」のように並列表記しています。

例)13/17L ※ただし、1 つしか表記がない場合は、拡幅時の容量になります。

【計測の仕方】

  • 製品本体の計量には、ペレット(樹脂製粒子)を使用します。
  • 粒子間の隙間がなるべく少なくなるよう、小さいもの(直径4mm 程度の粒子)を使用します。
  • 1リットル相当の容量が入る測定容器(1辺10cm の立方体) にペレットを入れ、それを1リットル分とし、完成品のスーツケースの本体にペレットを隙間なく入れ、その回数で測定していきます。
  • スーツケースのトップ側&ボトム側それぞれ、ファスナーのムシ部分までのすりきり一杯を計り、両側の容量を足します。

製品本体の計量には、ペレット(樹脂製粒子)を使用

  • フレームタイプの場合、フレームが閉まった状態を想定し、フレームの重なり合う部分に関してはボトム、トップ側のいずれかの容量を差し引きます。
  • お客様が通常使用する際のスペースのみを計測の対象とします。
  • ポケット付き製品等に関しては、その中も容量とみなします。
  • 修理対応用などに設けたメンテナンス用ファスナー内などは、通常使用時には開けないものとし、その中は対象外とします。
  • 本体のシステムハンドル( テレスコーピングハンドル) がついている側をボトム側、もう一方をトップ側と規定しています。
  • ラゲージが空間に占める占有量は「占有容量」とし、外寸(本ページのサイズ表記部分参照)の積から計算しています。

重量について

【ラゲージ(スーツケース/トローリーバッグ)】 重量表記:kg(キログラム)表示

  • ラゲージの重量はキログラム表記し、100g単位も明記しています。
  • 10g単位は切り捨て表記としています。
  • スーツケースなどの樹脂製品は色により構成成分が異なるため、重量が若干変動します。また、成型時の気温など製造時の環境条件により、その厚みも変わります。
  • トローリーバッグなどに使用される革、芯材などの厚みには、ある程度の個体差があり、重量が変動します。
  • 重量には、取り外し可能な付属物(取扱説明書、ハンガー、ラゲッジタグ、南京錠等)は含まれておりません。

【一般バッグ類】 重量表記:g(グラム)表示

  • 一般バッグ類の重量はグラム表記し、10g未満は切り捨て表記としています。
  • バッグ類に使用される革、芯材などの厚みには、ある程度の個体差があり、重量が変動します。
  • 色により成分が異なり、重量が変わります。また、縫製時の気温など製造時の環境条件によりその厚みも変わります。
  • 重量には、取り外し可能な付属物(取扱説明書、ショルダーベルト、チャーム、南京錠等)は含まれておりません。
  • 重量は一部の商品のみに表記しています。

【計測の仕方】

  • 部品の集積ではなく、完成品の状態で計測します。
    その際、取り外し可能な付属物(ラゲージタグやショルダーベルト、ハンガーやチャームなどの装飾品、南京錠や開錠用の鍵) や下げ札、取扱説明書などは含まない状態で測定します。
  • 諸条件により同品番の商品でも個体差があるため、複数の同品番商品の測定値から最大値を選択し、上記の表記法に従い端数を切り捨てます。
  • 平均値ではなく、お客様にとって不利益にならないよう公平な数値を設定しています。

例)

計測の仕方

サイズ表記について

■サイズ表記:cm(センチメートル)表示

  • 製品本体の三辺それぞれの長さを計測して表示しています。
  • スーツケースなどの樹脂製品及びトローリーバッグや一般かばんなどの縫製品は、わずかに個体差があり、製品によりサイズの誤差が生じる場合があります。

ラゲージ(スーツケース/トローリーバッグ)

  • ラゲージ(スーツケース、トローリーバッグ) は「H 高さ( 縦) × W 幅( 横) × D 奥行( マチ幅)」の順で「外寸」を表記しています。
  • 「外寸」とは、キャスターやハンドル部分など突起部分を含めた最も外側の寸法です。
  • 特に「本体」か「外寸」か明記されていない場合は、「外寸」表記となります。
  • 横型ラゲージについては「 W 幅( 横) × H 高さ( 縦) × D 奥行( マチ幅)」の順で「外寸」を表記しています。

   < スーツケース >


スーツケース サイズの見方


   < トローリーバッグ >

トローリーバッグ サイズの見方


   < 横型ラゲージ >

一般バック類 サイズの見方

  • ファスナーの開閉でバッグのマチ幅が広がるエキスパンド機能がついている製品の場合、奥行(マチ幅)表記を「 /(スラッシュ)」で分け、「通常時 / 拡幅時」のように表示、または「通常時(拡幅時)」のようにカッコ内に拡幅時、と並列表記しています。

例) W40×H28×D13/18cm または W40×H28×D13(18)cm  ※1 つしか表記がない場合は拡幅時のサイズになります。


  • 1cm未満の端数は切り上げ表記としています。

一般バッグ類

  • 一般バッグは「 W 幅( 横) × H 高さ( 縦) × D 奥行( マチ幅)」の順で本体サイズを表記しています。
  • 外ポケットなどは、本体サイズに含まれません。

  • ファスナーの開閉でバッグのマチ幅が広がるエキスパンド機能がついている製品の場合、奥行(マチ幅)表記を「 /(スラッシュ)」で分け、「通常時 / 拡幅時」のように表示、または「通常時(拡幅時)」のようにカッコ内に拡幅時、と並列表記しています。

例) W40×H28×D13/18cm または W40×H28×D13(18)cm  ※1 つしか表記がない場合は拡幅時のサイズになります。


   < 一般バック類 >


一般バッグ サイズの見方


   < エキスパンド機能つき製品 >

一般バッグ サイズの見方


  • ナップサック等のマチ幅が1cm未満の商品は、「W 幅(横)×H 高さ(縦)」での表記となります。
  • 1cm 未満の端数は切り捨て表記としています。

財布/革小物

  • 財布、革小物類は 「 W 幅( 横) × H 高さ( 縦) × D 奥行( マチ幅)」の順で表記しています。
  • マチ幅が1cm 未満の商品は、「 W 幅( 横) × H 高さ( 縦) 」での表記となります。

【計測の仕方】

  • 製品は全て、完成品で測定しています。
  • スーツケース、トローリーバッグ類の外寸に関しては、身長計またはそれに相当するもので計測します。
  • 水平かつ垂直な床壁に本体を押し当て、三角定規など直角のあるものを壁に添わせ、それぞれ三辺の突起した部分までを測定しています。

一般バッグ類は、ハンドルやショルダーベルト、外ポケットなどは含まず、本体サイズの最長部分で計測しています。

  • お客様にとって不利益にならないような数値を表示するため、スーツケース、トローリーバッグ類は1cm 未満の端数は切り上げ表記とし、一般バッグは1cm 未満の端数は切り捨て表記としています。

  • エースオンラインストアや楽天などのEC モール内オンラインストア、その他、販売元の表記規定がある場合は、上記記載の方法に従い計測した計測値をもとに、表記の仕方や表記順をそれぞれに合わせています。


HOMEHOME

戻るBACK  戻るPAGE TOP



GoPageTop